• HOME
  • >
  • 37.浮気で難がある女の相

女に密夫(≒愛人)の難がある相を論ず

額から髪際の少し内側までの範囲にほくろがある者は、生涯の内に必ず密夫の難がある。あるいは、縁が変わる。だが、上分(≒優れている)の女においては、判断しない。