• HOME
  • >
  • 32.子孫に縁がない相

子孫に縁がない相の類を論ず

・頤(おとがい、あご)が細く、尖っている者。
 
・口が尖っている者。
 
・耳が柔らかい者。
 
・ひどい出目の者。
 
・喉の骨(=喉仏)が高く、尖っている者。
 
・鼻が異常に大きく、高く、肉付きが良過ぎる者。
 
・鼻が高く、肉付きが悪く、骨の形が露わになっている者。
 
・鼻が小さい者。
 
・眉が濃く、粗い者。
 
・鼻の下が、少女のように締りがない者。
*前項で記したように、人中の溝がないような男も、子供に恵まれ難い。
 
・目の下の肉がゆるんでいる者。
 
・目の下が深く落入っている者。
 
・顔の正面は広いのに、横面が狭い者。
 
・害骨(えら)が高く張っていて、骨の形が露わになっている者。
 
・顔が小さい者。
 
・頭が小さい者。
 
・胴体が小さい者。
 
・腰が細く、尻が小さい者。
 
以上の内、一相でもある者は、必ず子供に縁が薄い。もし子供がいたとしても、女子である。しかし、運が良い人には、どうにかこうにか、男子が一人いる事もある。もし、子供が多くいる場合は、子供に関しての辛労が多く、頼りにならない。子孫は老年の福であり、親族の根源である。