• HOME
  • >
  • 25.親の家を継ぐ相

親の家を継ぐ(≒家業を継ぐ)相を論ず

↑官禄。


官禄(=額中央)の肉付きが良い者。
 
・頬の肉付きが良い者。
 
・耳の中の郭が出ていない者。
 
以上の内、一相でもある者は、たとえ末っ子であったとしても、必ず親の家を継ぐ。もし、親の家を継がずとも、親族に頼られる存在となり、必ず惣領(=長男)と同様に扱われる。また、弟で親の家を相続する者は、必ず以上三相の内の一相を備えている。俗に「垂れ頬(たれほほ)」と言い、下停(≒顎)の肉がゆるんだがために、頬の肉付きが良いように観える者がいる。これは、真に肉付きが良いとは言えない。ゆえに、この人は晩年が悪く、妻子に縁が薄く、子供がいたとしても頼りにならない。