• HOME
  • >
  • 16.心が忙(せわ)しい相

心が忙(せわ)しい相を論ず

・眉と眼の間が深く落入っている者。
 
・眼が落入っている者。
 
・目がひどく出ている者。
 
・目に激しさがある者。
 
・白目が青い者。
 
・瞼(まぶた)の開閉が多い者(≒瞬きが多い者)。
 
・眉と眼の間が狭い者。
 
・両眼の間が狭い者。
 
・顔一面がせせこましい者。
 
・顴骨(=頬骨)が高い者。
 
以上の内、一相でもある者は、万事において落ち着きがなく、苛々(いらいら)しやすい。これは元来、腎気が薄いがゆえである。よって、心気も薄く、短命である。また、根気が薄く、万事において急ぎ過ぎ、完遂し難い。