• HOME
  • >
  • 3.貴人の相

貴人(きにん、きじん)の相を論ず

前述した上分の相があり、耳が顴骨(けんこつ、=頬骨)の後ろへ引き上るようであり、鼻は正しく上停(=額)まで貫くようである。このような場合は、必ず貴人である。もし、売人(≒商人)にこの相がある時は、必ず破産する。
*貴人の相は気位が高い相であり、鼻が程よく鋭くそそり立っているのが特徴である。文中では、気位の高い相であるがゆえ、「商人は破産する」と言っているのである。つまり、気位が高いと「殿様商売」になるからである。顔に比して鼻が大きく胡坐をかいているのは、お高く留まっている上に、我(=自己主張)が強く、男を剋す(=圧する)相である。よって、家庭に納まる事が出来ず、後家相である、とも観る。さらに、鼻先が尖っている者は性格に「棘(とげ)」があるため、毒々しい言葉を平気で吐き、親しみ難い性格である(「ひと癖」あるタイプ)。逆に、鼻先に丸みがある者は、心にも丸みがあり、必ず和気があるので、初対面でも親しみやすく、学校や職場などでも人気が出やすい。ちなみに、鼻は顔(≒自分を取り巻く世界)の中心にあるため、己(おのれ、=自分)を表し、自己主張の強さも観る。したがって、前述したように、顔に比して鼻が大き過ぎる者は自己中心的である、と観るのである。