• HOME
  • >
  • 61.臍の相

臍(へそ)を論ず

・臍は大きいものを良しとする。臍が大きい者は心が丈夫で体が強い。逆に、臍が小さい者は心も小さく、心気が弱い。
 
・臍が大きく深い者は、大いに丈夫で、福寿を司る。臍が小さくて深い者は並である。
 
・臍が大きく浅い者は、福寿が未だ安定していない。深くなるに随って自ずと安定してくる。
 
・臍が上方にある(≒穴が上向き)者は、必ず才能がある。人の下にはつかない。
 
・臍が下方にある(≒穴が下向き)者は、心が小さく、器量(≒余裕)がない。
 
・臍は一身の大極(=太極、≒中心)、五体の根源である。ゆえに、身体の強弱、一生の貧福を司る。